カテゴリ:再生プロジェクトについて( 2 )
ご協賛のお礼
このプロジェクトには、多くの企業やプロ達にご協賛いただいております。
若い人材の育成のために、塗料やタイル、様々な部材などを
ご提供下さいました。

多量のタイルです
e0162202_195988.jpg


大切につかいます^^
e0162202_1952110.jpg


石タイルです
e0162202_196731.jpg


タイルのボンド
e0162202_1964477.jpg


たくさんの塗料
e0162202_197633.jpg


フローリングもあります
e0162202_1972682.jpg


カラフルなタイルがお部屋を彩ります
e0162202_1982155.jpg



このご協力があっての施工にたどりつきました。
多くのご協賛の皆さま、
本当にありがとうございました。



【部材ご協賛の皆さま】

関西ペイント(株)様 塗料全般ご協賛

(株)イナックス様 タイル・設備部材ご協賛

豊国商事(株)様 水廻りタイルご協賛

(株)タジマ様 床タイルご協賛

(有)アキラ工業様 タイルご協賛

西南タイル(有)様 タイルご協賛

(株)K&T 設備部材ご協賛

(株)佐藤様 内装資材の問屋さん、多くのメーカーさんに打診していただきました。

リリカラ(株)様 シャワーカーテン・CFシートをご協賛

(株)日中製作所様 ピクチャーレールご協賛

シーアイ化成(株)様 エレベーターの化粧フィルムご協賛

(株)中村様 和紙のクロスご協賛
[PR]
by gyouretsu-sumika | 2009-03-03 19:13 | 再生プロジェクトについて
セイワビル再生プロジェクトとは?
今、福岡市東区香住ヶ丘にある九州産業大学のそばの古いマンション:セイワビルでは、
その道のプロ達が九州産業大学の学生さんと共にリノベーションを行い
再生する取り組みを行っています。

e0162202_17525716.jpg


ビルの運用は、老朽化と様々な要因が重なり、空室が多くなっていました。
ビルはオーナーの生活を圧迫しており、困り果てたオーナーは、
藁にもすがる思いで、ネットで探した不良債権処理を行う不動産業者に相談。
その不動産業者は、オーナー夫妻の人柄と困難な状況を見て
なんとかしなくては…と思い、多くのプロに相談をします。
女性建築士や施工会社と話、なんとか解決策を模索しますが
なかなか方法が見つかりません。

一方、九州産業大学工学部建築学科の学生さんの一人が、
リフォームの重要性を下級生に伝えることを目的とした
卒業論文のために、実際の施工現場を探していました。
しかし学生さんに現場を提供してくれるところはありません。

e0162202_17572979.jpg


ここで、女性建築士学生さんが出会い、点と点がつながりました。
プロ達は、学生さんの育成のために、教材としてビルを提供する代わりに、
学生さんに施工やこのビルを満室にするためのお手伝いをしてもらいます。
一方、学生さんは学校では学ぶことができない、プロの現場を経験し
デザインから施工、満室にするためのアイデアや企画など、
プロと一緒に、行列ができる住みかにするための活動を行います。

e0162202_18194.jpg


詳しい内容は、
行列のできる住みか Re time Re smile project.の特設ページ
e0162202_182641.jpg


女性建築士:宮城雅子のお仕事のウラガワ日記をご覧下さい。
e0162202_1842296.jpg


予算のないビルを満室にする。それはプロ達にとっても挑戦です。
そして学生さんにとっても大きな勉強になります。
足らない部材の提供は、各社にこのプロジェクトをアピールし
協賛を募りました。

また、この取り組みはテレビにも取り上げられ、大きな反響を得ました。

e0162202_1845072.jpg
2009年1/14放映 めんたいワイドニュース

e0162202_186927.jpg
2009年1/15放映 今日感テレビ

さらに、この取り組みを知った、九州産業大学芸術学部の学生さんたちも
古い日当りのいいビルを、アトリエとして使いたい。そしてこのプロジェクトに
参加したいと手を上げてくれています。

e0162202_187392.jpg


多くの方々の協力の下、いよいよビルの施工を本格的に行う
第二期施工工事が始まります。

この日記は第二期の工事から、ビルが満室になるまで
学生さんと協力をしながら行列のできる住みかを作り上げていく
過程をお伝えしていきます。

皆の夢と希望がつまったこのプロジェクト、
ぜひ多くの方の参加もお待ちしています^^
[PR]
by gyouretsu-sumika | 2009-03-01 17:41 | 再生プロジェクトについて